ブログトップ

仏車に乗った王子様

1ヶ月点検。

いや~、寒くなりましたね。
そのせいか、Golf君の燃費も、ちょっと良くなって来ている気がしている今日この頃です。
(まぁ、もう少しすると寒すぎて悪化するのですが・・・。)

・・・と言ったなか、本日、我が家初の『ピンポンダッシュ』の洗礼を受けました。(マジ話)

・・・ではなくて、本日!Golf君の1ヶ月点検を受けてきました。
1ヶ月点検を受けるに当たり、メカニック氏にぶちまけたGolf君の気になる点は、以下のとおりになります。

なお、各項目の下にメカニック氏の回答等を書いていますが、私の拙い記憶(風邪気味のため、ちょっと体調悪かったんです!)によるものなので、事実とは異なる可能性もありますことを予め御了承下さい。



1ヶ月点検を受けるにあたりGolf君の気になる点

1 エンジン関係
(1)エンジン回転数が1,600と1,800付近におけるエンジン音
この回転数において「ボー」といった音が発生します。
加速中には、それ程気になりませんが、上り坂等において、この回転数をキープする状況において、とても気になります。
回答:エンジンへの負荷のかかり具合で、この様な音が発生するのは、全く問題ありません。  

(2)停車中における不整脈
常にではないのですが、ブルブルッと不整脈が発生するときがあります。
この振動がシートに伝わり、何とも不快です。
回答:直噴エンジンですから、時々そのような兆候が発生するのは異常でははありません。

(3)エンジン始動直後のアイドリング回転数のばらつき
Golfのアイドリングの回転数ですが、エンジン始動直後は、1,200rpmくらいを数十秒間キープし、その後1,000rpm、最終的に650rpmと下がるのですが、いきなり800rpmくらいのときがあります。
特に、朝一番にエンジンをかける時には800rpmの時が多く、夕方の帰宅時には、決まって1,200rpmです。
ちなみにこれは、ちょっと涼しくなってからの話で、暑かった時には、ず~っと1,200rpmでした。
回答:昔の車とは違い、コンピュータが気温だけではなく沢山の条件からアイドリング回転数を決定しています。
よってエンジンを始動するたびに回転数が異なるのは、異常ではありません。

素人の考えでは、気温が低い時よりも気温が高い時の方がアイドリング回転数が高いのは、ちょっと納得がいきません。CP恐るべし!(笑)

(4)エンジン始動時における後方からの異音
一度だけ、坂道でのエンジン始動時において、後ろの方から何やら嫌な音がしました。
異音の発生源は、恐らくマフラーの辺りだと思うのですが・・・、その後発生していません。
回答:兆候を直接見ていないため推測ですが、発生したのが坂道でと言うことで、マフラー内に溜まった水が原因ではないかと思います。


2 外観等
(1)テールゲートのズレ(細部下図参照)
事故車じゃないんだから・・・。気分の良いものではありません。

メカニック氏は、VWの示している±1ミリの許容範囲を盾に、あくまで小修正で済ませようと言うスタンスでしたが、満足のいくものではなかったため、しっかり直すよう要望しました。
しかし、気持ち良く、しっかり直すよう対応してくれるものと思っていたので、かなり残念でした。・・・というか、何かとても後味が悪い思いをして帰って来ました。(今後のディーラの対応に不安を感じます。)
ちなみに展示車を確認したところ、全く持ってノープロブレムでした。

(2)フロントけん引フックカバーのガタツキ
何だか、ガタガタしています。(安っぽさ全開です。)
展示車を確認しましたが、全く同じ感じでした。

(3)フロント・ワイパ・ブレードの異音
作動の度に「ギュッギュッ!」と異音がします。ゴムが硬化しているのでしょうか?気になって運転に集中できません。
回答:問題ありません。むしろ、ワイパーブレードのコンディションは、かなり良い状態かと思います。
メカニック氏があまりにも自信満々で説明するものだから、その場では折れましたが、やはり納得がいきません。
サービスプラスに入っているので、次回ワイパーブレードを交換してもらい、様子を見ることにします。

テールゲートの図
f0037518_1795894.jpgf0037518_1710798.jpg









・まずは、全体的に左にずれています。
まぁ、これにつきましては、テールゲートの取り付け位置の修正で対処可能だと思います。


f0037518_17115467.jpgf0037518_1712789.jpg









・次いで右側が前方にずれています。・・・と言うよりテールゲートが変形していると思います。
これは、どうなんでしょ?
素人判断では、テールゲート取り付け位置の修正では直らない感じがしております。

もう見る度に、新車にして事故車のようで、とても残念な気持ちになります。(オカマを掘られ、完全に修復されることなく歪んだままだったVento君のトランクを思い出します。)

まぁ、細かいことかとも思いますが、これが二昔前のOpelだとしたら、我慢(諦め?)も出来ますが・・・。
一応、ボディのチリ(パネル間の隙間)に拘ったVW車ですから。(私の記憶では、一番最初に拘りだしたのは、VWだったと思います。)


この他に、突っ込みどころ満載の取扱説明書についても、聞いてみましたが、やはりこの取扱説明書、オーナーさん達の評判は、よろしくないみたいです。
[PR]
by VW_Vento_CLI | 2011-10-01 22:38 | maintenance