ブログトップ

仏車に乗った王子様

次は、故障と不具合について書きたいと思います。
まずは、納車後3年間の保証期間内についてです。

1 納車時の不具合(平成9年9月12日)
(1) リヤ・エンブレム塗装ムラ⇒エンブレム交換
(2) ルーム・ミラー傷⇒ルーム・ミラー交換
(3) 2~3速シフト・アップ時の繋がりがおかしい時あり⇒理解してもらえず、様子を見る。
    ちょっと気になる程度ではあるが、明らかにおかしいと思う。ディーラーのちょっとお偉い
  さんぽい年配の人の「ドイツ車ですから。(こんなもんでしょ。)」の発言には、ちょっと憤慨
  しました。

2 平成11年(発生の詳細時期不明、6月17日整備)
(1) ステアリング異音・ガタ⇒ベアリング・ロック交換
(2) 右側ライト内側水滴発生⇒ライト・アッシー交換
(3) クーラント漏れ⇒マニホールド交換
(4) トランク・キー・パッキン破れ⇒パッキン交換

3 平成11年7月14日 
  2~3速シフト・アップ時の繋がりがおかしい時あり⇒AT Comp交換
  ATコンピュータを交換後、しばらく兆候が出ないようであったが、完全には、直っていない
 ようだった。気にしないようにしていたら、いつの間にか修復。
[PR]
# by VW_Vento_CLI | 2006-01-11 10:42 | trouble | Trackback | Comments(12)

Vento CLiの評価

さて、この特集記事での私のVento CLiの評価ですが、福野礼一郎先生から、「パッケージ、基本設計、プロダクト、セッティング・・・・・クルマづくりのすべてのプロセスで一流の仕事をしている。広いし、使いやすいし、シートいいし、ボディ頑丈だし、よく走ってハンドリングよく乗り心地もOK。特にCLi236万円に圧倒的価値有り。モデルライフ末期だが逆に完成度いま最上。〈でんでん〉はおろか、オレは〈いまずま〉いっちゃうな。」と言うことで『でんでん』マークと『いなずま』マークを頂きました。
そうです。メカや性能の優劣新旧を問わず時代流行も関係ない不変の価値観をもつ『名車』との評価を得たのです。
自動車評論家として尊敬する福野礼一郎先生の評価に背中を押され、Vento CLiを買う決心をしました。
ちなみにGolf(2ドアCLi)には、『でんでん』マークが、ベンツEクラス(全グレード)には、『ゴミ箱』マークが付けられました。
f0037518_13382357.jpg

[PR]
# by VW_Vento_CLI | 2006-01-11 09:39 | vento | Trackback | Comments(0)

Vento CLi購入の決定となった1冊の雑誌を紹介したいと思います。

それは今、休刊中となっているCarEx1996年8月号です。
皆さんも巨匠といわれる徳大寺有恒大先生を始め、何人かの自動車評論家をご存じかと思いますが、その中で私がもっとも好きなのは、福野礼一郎先生です。
この福野礼一郎先生がCarEx1996年8月号の中で企画した『福野礼一郎と岡崎五朗が速攻電撃判定 「旬」か「名車」か「ゴミ箱」か 新車全333台』と言う特集記事に背中を押されてVento CLiを買う決心をしました。

この企画は、この当時に日本で新車販売されている国産・輸入ディーラー車全333台を対象に福野礼一郎・岡崎五朗の両自動車評論家が判定を下すというもので、その判定は、特に良い車には、『でんでん』マークと『いなずま』マークが、特に悪い車には『ゴミ箱』マークが付けられます。
でんでん』マークは、「」輝いて見えるお買得お薦めの優良判定車に、『いなずま』マークは、「」に関係なく、メカや性能の優劣新旧を問わず時代流行も関係ない普遍の価値を持つ「名車」に与えられます。
ゴミ箱』マークは、特に選んだワースト・カーに叩きつける無期懲役判定だそうです。
それにしても『ゴミ箱』とは、大胆ですよね。ひょっとして、この大胆さが休刊になって一向に復活しない理由かも?                                      つづく
f0037518_183642100.jpg
     
                Vento購入にあたり参考にしたクルマ雑誌
[PR]
# by VW_Vento_CLI | 2006-01-09 14:35 | vento | Trackback | Comments(2)