ブログトップ

仏車に乗った王子様

8月に私のGolfにShell V-Powerを入れてから燃料タンク内の燃料は100%Shell V-Powerになったのではなかと思います。

f0037518_882849.png
今までは、手放しに良いことばかり書いて来ましたが、Shellから素敵なプレゼントが届くこともなかったので・・・、と言う訳ではありませんが、ちょっと気になる点も出てきたので書いてみたいと思います。

それは、エンジンが1,200~1,300rpmほどの低回転での走行時において、僅かにアクセルを踏み込んだ場合などに「ゴ~!」というか何というか何とも表現し難い低くこもった音が発生することです。
この音はENEOS Vigoを入れていた時にはなかったもので、助手席に乗る細君もハッキリと気付いてしまう程度の大きさです。
まぁ、ENEOS Vigoを入れていた時には、別の音が発生していましたが・・・。
なかなかうまくいかないものです。

それと、1,800rpm以上でのエンジンのノイズが高くなり、回転も少々鈍くガサついたようなフィーリングになったように感じます。
それは、私的な基準では、「もうそろそろエンジンオイルを交換したいなぁ~!」と呟いてしまう程度のものなのですが、オイルは7月の車検時に交換したばかりなので、取りあえずは様子をみることにします。
[PR]
by VW_Vento_CLI | 2014-10-31 16:33 | Golf | Trackback | Comments(0)

試乗×3!

本日、Golfをちょいと点検してもらっている間にPoloとGolfに試乗して来たので、いつものように簡単に感想を書いてみたいと思います。
(それで何を点検してもらったかという点につきましては、また後日ゆっくりと書いてみたいと思います。)

Polo BlueGT
巷では、なかなか評判が良いので、「欲しくなったらどうしよう!?」などと、一抹の不安と期待を持って試乗に望みました。
結果、その心配は不要でした。
ま、履かれていたタイヤがスタッドレスタイヤと言うこともあったと思うのですが、短時間の試乗では、総じて悪くはないのですが、何一つピンと来るものがありませんでした。何故なんでしょう?
特に、ステアリングを通して伝わるエンジンの振動は、何とも安っぽく、とても280万円もする車とは思えませんでした。

Golf TSI  Trendline
ディーラーのHPでは、Highlineのはずだったのですが、ディーラーに着いてみると試乗車はTrendlineでした。
先ずは、去年、レザーシートのHighlineに試乗した時には、着座位置を私の好みである低めのポジションを取ることが出来なかったのですが、Trendlineは大丈夫でした。
好みのドライブポジションにセットしたところで、走り出してみると、ほんの数10m走っただけで、「うん。これは良い!」と感じました。
これも履かれていたのは、スタッドレスタイヤだったのですが、何ともしっとりとした感じで乗り心地が良くドライブフィールも自然で、私の好みでした。
以前試乗したのはHLでしたが、パワーステアリングの違和感もなくなり、この1年で随分と熟成が進んだ感じを受けました。
それと、簡素化されたリアのサスペンションですが、ちょいと街中を試乗するくらいでは、何の不満もありませんでした。
しかしですね。これまたステアリングを通じて伝わる「ブルブル」といったエンジンの振動があり、気になりました。
1.4に慣れてしまうと、1.2は、ちょっとパワー不足感は否めませんが、Golf TSI  Trendlineは良い車だと思います。
と言う訳で、もし買うとすれば、圧倒的に後車になろうかと思います。

で、私のGolfに乗り換えての感想ですが、ⅦのTrendlineは確かに良い車ですけれど、余程お金が余っているのでもない限り買い替える必要は全くない!と言ったところです。(Golf TSI  Trendlineが夏タイヤを履いていれば、これまた違った結論になる可能性はありますが・・・。)

MAZDA DEMIO XD Touring
最後に、以前からちょっと気になっていたディーゼルのDEMIOに乗って来ました。
ちょっと熱いセールス氏に勧められるまま山道を緩~いペースで走ってみたところ、試乗車は下ろしたてと言うこともあり、タイヤが未だ本調子ではない感じでしたが、なかなか良かったです。(可能であれば、隣にセールス氏を乗せないで、もっとダイナミックな走行を試してみたい!と言う衝動に駆られました。(笑))
まぁ、シートの座面の長さがもっと長ければ(ちなみに、GolfⅥより-15mm)とか気になるところが無い訳ではないのですが、走りについては、特に不満はありませんでした!
去年、出たばかりのGolfⅦHLに試乗した時に感じた煮詰め不足感満載だったのと比べると流石だと思います。
恐るべし!マツダ!

ちなみに、そのお値段ですが、ざっと見積もってもらったところ、Golfの下取りが100万円、DEMIO(XD Touring 4WD)は250万円でした。
f0037518_194449.jpg

[PR]
by VW_Vento_CLI | 2014-10-25 18:56 | car | Trackback | Comments(0)

日記のような。

この土日、所用のため、実家に帰って来ました。

昼間に用事を終え、夜はスウェーデンから帰国したばかりで時差ボケ状態である細君のお友達のまゆみさんを囲んでのお食事会でした。
f0037518_19184869.jpg
一次会は、活発なお子様たちが可愛らしく(?)戯れる個室型大衆居酒屋で・・・。
ニ次会は、8月にテレビで放送された思い出の居酒屋で。
とても楽しいひと時でした。

f0037518_193093.jpg
おまけに、実家に帰る途中で撮った恐らく歴史的建造物であろう渡部医院です。
かなり昔にドラマで使われていましたよね。 

そして、今度の土日は、ちょっと熟成されたであろうGolf HLと新しいPolo Blue GTに試乗の予定です。
今から、とても楽しみです!
えませんけど。
[PR]
by VW_Vento_CLI | 2014-10-19 19:36 | etc | Trackback | Comments(0)

そうだ。釣りに行こう!

今朝、ふとベッドの中で「そうだ。釣りに行こう!」と思い付き、超久しぶりに釣りをして来ました。

釣りをしたのは、(私の記憶が確かであれば)今から14年前の夏に天塩川で、やる気のない尺ウグイを釣ったのが最後の様に思います。

そんなこんなで、納戸の奥に仕舞い込んだルアーを見付けだすのに少々時間がかかりましたが、何とか釣り道具を揃えることが出来ました。
f0037518_16242727.jpg
f0037518_16251256.jpg
f0037518_16251715.jpg


で、ラインの結び方をスッカリ忘れていたり、ラインが固まって伸びなかったりとハプニングがありましたが、強風の中10分ほど釣りをして地球が釣れたところで帰って来ました。

さて、次はいつ行こうかな?
[PR]
by VW_Vento_CLI | 2014-10-11 20:22 | etc | Trackback | Comments(0)

お洒落でセンスの良い私は、こんな時計も持っています。(笑)

それは、TUDOR PRINCE OYSTERDATE(Ref.74034) です。
(TUDORって何だ?と言う方は、こちらのサイトをご覧ください。)
f0037518_11434854.jpg
この時計を買ったのは20年以上前の’93年12月のことで、北広島のダイエーで買いました。
(ご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、今は生協になっているこの店舗、昔はダイエーだったんです。)

f0037518_2055544.jpg
ま、20年以上の前のものですが、冠婚葬祭の時くらいにしか使っていないので、程度は良いと思います。

今思えば、サブマリーナを買えば良かったと思いますが、当時はそのような知識を持ち合わせていなかったものですから。それに、そこら辺りのお店には売っていなかったと思います。

ちなみに、このTUDORを買う時にライバルとなったのが、ROLEXのAIR KINGでした。
ダイエーで両方を手に取り見比べてTUDORの方を選びました。
その理由ですが、ROLEXがごつく感じたのと、TUDORのホワイトゴールドのベゼルに釣られてしまったからなのでした。(貧乏人の性と言うやつですね。中身は、ETA社のムーブメントなのに・・・。(ま、当時はそんなこと全く知りませんでしたし・・・。007.gif))

その後、時計にちょっと詳しくなってくると、ROLEXを選ばなかったことを後悔していましたが、以前、溶連菌に感染した時に行った病院の医者が、これと同じような風情のROLEXを着けていて、それが渋くてかっこ良かったんですよね。
それからTUDORを選んで良かったと思うようにしています。(笑)

それにしてもです。
ちょっと記憶が曖昧なのですが、この二つの時計の価格なのですが、確か4~5万円くらいの差だったと思うんですよね。今では考えられません!
今の価格を調べてみますと、もちろん同じモデルではありませんが、近いところでTUDORが20万円前半、ROLEXだと正規販売価格が475,650円、並行物が40万円前後でした。
確か私が買ったのは、12万円くらいだったと思います。
そうなんです。ROLEXの方は、16~17万円くらいだったように記憶しています。(かなり怪しい記憶ですけど。)
その後、そのような価格で売られるようなことはなくなり、どんどん値上がりし続け現在の価格に・・・。
ホント高くなりました。

f0037518_20482437.jpg
こんな天然木を使ったケースに入ってます。

f0037518_20484351.jpg
このころのTUDORは、ケースとリューズはROLEXのものが使われていました。

次の時計ネタは、SEIKOのダイバーウォッチの予定です。
[PR]
by VW_Vento_CLI | 2014-10-03 20:49 | Wrist watch | Trackback | Comments(0)